u mobileを10倍楽しく使いこなす!

U-mobileがマジで使えるようになった

U mobileの評判ってどう?

2台持ちなら格安SIMはデメリットが多い

投稿日:

ユーモバイルを約2年ほど使ってきました。

当初は通信速度があまりに遅くて、動画すら見れない状態でした(最近はそれなりにまともに使えますが、まだまだ不満も多いです)。

格安SIMがまだそこまで認知されていなかった2015年ですが、UmobileのSIMカードをさしていたXperiaタブレットがぽしゃってしまいました・・・。

で、新たなタブレットとしてiPadを購入したのですが、ここで一つ問題が発生したのです。

というのも、iPadにもLTEのSIMカードをさしてつかうモデルと、SIMカードをささずにWi-Fi通信のみで利用する2種類のiPadがあります。

 

格安SIMの弱点は機種を変えた時

で、XperiaからiPad Proにしたのですが、SIMカードをさしてつかうタイプのiPadって高いんですよ・・・。

たとえば、iPad Proの10.5インチ版の場合、64GBで値段はこんなに違います。

iPad Pro Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
64GB 69,800円 84,800円
256GB 86,800円 101,800円
512GB 108,800円 123,800円

SIMカードをさしこむというだけで、WI-FIのみのモデルよりも、15,000円も高くなるのです(半端じゃない)。

で、タブレットってどうしても、使っていくと遅くなっていきますよね。そして乗り換えるたびに、この差額を払うことを考えると、あえてSIMフリーモデルと買うよりも、Wi-Fi仕様のほうがぜんぜんいいのでは?と思うようになりました。

 

しかも、今のSIMカードは、nanoSIMのサイズが最小サイズなのでいいのですが、標準SIMやmicroSIMを使っている人の場合、すでに対応している機種がない、ということもあります。

この場合は、SIMカードのサイズ変更が必要となり手数料が発生します。手数料そのものよりも、めんどくさいってのが最大のデメリットです。

 

2台持ちの場合は自宅回線と含めてWimaxがおすすめ

ボクがiPadに乗り換えるとき、参考にしたのがこちらです。

もちろんスマホは格安SIMを1枚契約していますが、タブレットやノートPCを使う機会を考えていくと、端末にSIMカードをさして使うというのは、テザリングができたとしても確実にデメリットが残ります。

デメリットの一つが今回のような端末が変わる場合です。

SIMカードのサイズ、そしてLTE対応の端末は割高なんです。

 

デメリットのもう一つは、端末が増えた場合、もしくは新しい端末を購入した場合です。

格安SIM1枚では、テザリングするしか対応方法がありません(テザリングはバッテリー消費もかさむのであまりお勧めできません)。

しかもノートパソコンの場合は、そもそもLTE対応ではない可能性のほうが高いので、2台目をどうするか考えた場合、格安SIMという選択肢は減ってくるのではないでしょうか?

Wimaxだと、格安SIMの使い放題プランよりも少し料金はかさみます。

しかし、将来的に端末が変わる場合や、2台だけでなく3台目以降の端末も考えると、どうしても格安SIMよりもWimaxのほうがメリットが大きいと思うんです。

-U mobileの評判ってどう?
-, , ,

Copyright© U-mobileがマジで使えるようになった , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。